tadashiriの日記(仮)

つらそうにしている、社会人

『ベイビー・メイク 私たちのしあわせ計画』(2012)

 なんかGyaOで時間を無駄にしたい気がして観た映画の話しますね。
 どんな話かっていうと、「そろそろ夫婦の間に子供が欲しかったにもかかわらず、最近種無しになったことが判明した男が、昔精子バンクに売った自分の精子を取り戻そうと奮闘する」という話ですね。

 で、まああらすじだけ見るとマジで何で観たんだろうと思う(GyaOの掘り出し映画特集が悪い)し、ざっくりとした感想としても何で観たんだろうって感じでした。よくよく考えたらそもそも血のつながった子供欲しいと思ったことがないから、共感できるわけなかった。それに、そうじゃなくてもこの映画の結末というか、お話に対してかなり釈然としない思いがあるんですよ。ていうかね、別に期待してなかったからそんなに怒るでもないけど、結構ダメだよこの映画!!

 で、まず、そろそろ子ども欲しいねなんて言いあって、それから9か月やりまくったけどガキができやしねえってところから物語は始まるんだけど、ここのテンポはまあまあいいんですよ。
 毎晩のセックスにうんざりしてきたのをうっかり漏らした主人公が、キレてる嫁をなだめながら「君とのセックスは素晴らしい、例えるなら……」と言ったところで、主人公が友達と飲んでるシーンに切り替わり「フルタイムの仕事かよ!!!」って叫ぶっていうところとか、まあ無難だと思うし”フルタイムの仕事”っていう比喩自体は別に面白くもないんだけど、わりと押さえてる演出だなーと思ったりしたんですよ。

 GyaOの他のめっちゃぶさいくな映画群と比べれば、サラッとお話を流せてる(ように見える)っていうか。

 その前のシーンで結婚記念日にそろそろ子ども欲しいねって言いあうシーンでレストランの中で”アナル”を連呼したり、料理が高いだのとゴネる主人公にそもそもイラつくんだけどね。余談だけどこの映画の下ネタ会話、字幕が駄洒落で翻訳されるなどの工夫が見られないせいで、うわっとしかならないんですよね。
 で、まあその後、検査して種無しが判明するんだけど、検査が全然うまくいかないのね、しかも別にこの検査がうまくいかなくて難儀する展開、ある一点を除いてほとんどオナニー系の下ネタを出すためだけにある展開という感じで、どうでもいいんですよね。別にそんなことまでうまくいかない必要はねえだろうと。で、まあこのオナニー系の下ネタなんだけど、検査のためにオナニーしなきゃいけないからってビデオ付けたら前に病院のオナニー部屋を使ってた人が残した獣姦AVが大音量で流れるとか、そういうの、別に!!って感じ。


 あと話飛んで、なんやかんやで精子バンクに忍び込んで精子を盗むしかないってことになる(ここの展開も単に主人公の頭がどうかしてるようにしか見えないんだけど)のね。で、この辺りから「友人の知り合いのインド人の強盗の専門家(自称)」が出てきて、このキャラの読めなさはちょっと面白いんだけど、納得いかない度もこの辺でどんどん上がってくるわけですよ。
 で、精子盗むチームとバカ夫を食いとめるチームの話が同時進行して、まあなんやかんやで夫は奉仕作業をさせられるけどガキはできたよってオチになるのね。でそれが三つ子なんだけど、三つ子ちゃんレースとかいって、主人公と嫁と友達らがホームパーティーで博打打ってるとこで終わるんですよ。
 で、なんかハッピーエンドっぽいけど、しかもなんか「バカでボンクラでもパートナーを愛していればオッケー」みたいな感じの話になっているけど、なんならそれってオー・ヘンリーの『賢者の贈り物』ナイズされてるような気すらするんだけど、全く納得いかないわけですよ。

。まず嫁は、というか嫁に限らずこの世界が主人公たちに甘すぎるというか、この主人公の突発的な行動のせいで引っ越し資金が吹き飛ぶし、主人公があるキャラクターに嘘をついたばっかりに、一人死んでるか腎臓抜かれるかしてるんですよ。そのキャラクターはその嘘にもっと怒っていいし。そもそもこのくだりが物語的に必然性がない。単にブラックユーモアやるためだけに、作品の中の平均的なモラルを大きく逸脱しちゃうと観る側がその後ずっと笑いにくくなると思うんですよね。

 あと、主人公と一緒に精子盗みに行く友達が精子の容器ぶちまけてえらいことになるんだけど、お前がぶちまけた全部に買い手がついているかもしれないの、わりとシャレになってなくないですか。(もちろんその友達が賠償金に悩んだりするようなエピローグはない)あとお前ら夫婦もっとちゃんと話し合え(ミもフタもない)。でも少なくとも最後の方主人公が空き巣を決意するシーンは完全におかしくて、それこそ『賢者の贈り物』的なすれ違い行動にはなってなくて、単にちゃんと嫁の誤解を解く努力をしろよってことにしかならないでしょ。

 で、ラストが「三つ子ちゃんレース」な訳じゃん。なんかこの映画って”子供は親のQOLを上げるために作るもんだし、そのためにいろんな人に迷惑をかけても、夫婦が幸せならオッケー”って価値観の映画に見えるんだよね。それって本当は主人公か作り手が一番親なっちゃいけないんじゃないの。

 最近金なくて困っているんだけど、それほど困っているわけでもない。とにかくダラダラしていて、ハースストーンして飯作って食ってみたいな暮らしになっている。なんかハースストーンをしていたところでさびしいはさびしいので、ツイッターとかを普通にやってた方がいいんじゃないかという感じがする。実は特にブログに書くでもない時になんとなく日記につけているので、そっちをブログに載せちゃうかと思ったんだけど、どれぼかしてどれ載せるか吟味するのがめんどくさいので、やらないと思う。

 麻婆豆腐を作って食べた。永谷園のやっすいやつだと思いタカをくくって、豆腐だけ用意して作ろうしたらクックドゥだったので、ひき肉を買いに行かなきゃいけなくなって腹を立てたのだけど、作ったら三倍ぐらいおいしかったので許すことにした。許していきたい。

 あと人と喋ると喋りそのものは褒められたりするので、そういうのをしていきたい。悩み相談とか。そういうのが功を奏して彼女が欲しい。創作はちょっとだるい。思いついて満足する。

ヌウン

 そろそろ小説やるぞという気持ちだけがあり、だいたいやる前に力尽きています。とにかく最近は金がないので、そのうち完全に身動きが取れなくなる気もしますが、たぶん死なない。ただ単にただ飯連れていってほしい。

 よくアニメとかで、ごちそうが目の前にあるんだけど、食べようとすると目が覚めるという感じの夢を見たりするみたいなシーンがあるけれど、僕は「ごちそうを食べているけれど、味がすごくしない」という夢をよく見る。体おかしくなったのかと思って怖くなって目覚める。おかげでかなんか知らんけど、前職の人たちが出てくる悪夢とかを見ることはなくなった。

 あと完全に左利きなので、キーボード操作のゲーム結構困ることが多い。かといって方向キーにされてもうちのは方向キーがやたら小さいので困ったりする。キーボードも買うとQOLが上がるんだろうけど、別になくてもどうにかなっている。あと、『言霊の迷宮』がおもしろくて、かつタイピング練習になるので好ましい。ただ、今のところ装備の組み合わせありきのゲーム性だなーという感じなので、まだ未完成というのはわかる気がする。

 『新宿スワン』を観た。やっぱり新宿の街並みは結構フォトジェニックだと思うし、ヘルスのスカウトマンという題材そのものは面白いと思う(ので、原作は面白いんだろうなと思う)。だけども、なんかこう、わかりやすく悪そうな喋り方や動きの人たちが本当に漫画っぽくて、ちゃんと実写化されていない感じがして恥ずかしいし、なんかそれらしい展開のぶつ切りを無理くり縫い合わせたような話だし、ある程度裏社会が題材なのにキャラクターの倫理観とか行動原理がすごくおざなりに感じられるし、結構久しぶりにひどい邦画を観たなあという感じだった。 脚本を見たら、鈴木おさむと水島力也とあり、そりゃひどいはずだと納得する。

スナッケ

 なんとなく沖縄料理が食べたくなってそういうお店に入ったんだけど、なんだかじいじとばあばを連れた家族連れがいるし、他の客も軒並み爺さんばっかりだし、ハコが明らかにスナックだった。なんか場違いだなあと思ってしまい、なんだかいつも以上に変な丁寧さで(でもやっぱり早食いではあるはずなんだけど)ラフテーとかを食べた。お金があればまた行くかもしれないくらい味はおいしかったので良かった。

 会計の時に、尿意をもよおしてトイレを借りたんだけど、やっぱりトイレまでスナックっぽいので、うちの爺さん(生きてる)とスナックで飲んだ時のことを思い出したりした。僕は、スマホは見れないが酒はあるという状況で、落ち着かないからずっと飲んでるしかできなくて、爺さんは爺さんでめちゃめちゃ飲んでいて、そのせいで二人して頭から足の先まで酔っぱらって店を出た。そしたら、あの世代っていうのはあんなもんなのかもしれないな、とは思うんだけど、パチンコ屋の駐車場で立ち小便を始めた。それを見て「あっ、(周りに怒りそうな人もいないし)もういいや」と思って僕も後に続いた。立ち小便なんて中坊の頃以来とかなのに、驚くほどすんなり出た。あれは楽しかった。

 爺さんの住んでいるところで娯楽といえばパチンコとスナックと、あってもカラオケやたばこ臭いゲーセンしかないような、それでも本屋にどうにかして文化資本が守られているようなところなんだけど、そういうところの工場で寮生活はどうだろうと考えはじめた。というのも、割合給料がよさそうなのと、東京にいるより金がかからなそうだからなんだけど、そもそも僕はスナックとか地元のバーみたいなとことか、結構楽しめてしまうタイプなのだった。まあちっちゃなオフ会とかにはちょこちょこ出たりしていたい感もあるので、うまいことひきとめてくれると、うれしい。

トゥーぺ

 なんか言いたいんだけど、しばらく書いていないうちに忘れてしまったので推敲に苦しさを感じながら、というか酒を飲み過ぎてまだ全然頭痛がするし、今はあらゆる方向に気が散らかっているから、書いてる最中にスマホゲームを始めてしまったりしている(まだ二行しか書いていないのに!)し、そもそも何を書こうとしたのかを思い出すのに難儀し、クソだるいとまでは言わないけれどもなんとも言えないだるさを感じたりして、ずるずると落ちていく人間としての位相をなんとかストップさせんがために俺はこれを書くぜ的な、そう書くとなんだか暑苦しいしなんだか中途半端に頭の悪いラッパーが格好いいと思って言うフレーズっぽくて嫌だなあと思うし、とりあえず味噌がないと豚汁も作れやしないので、味噌を買いに行きます。(ここまで書き込んで、出かけた)

 

 それで、せっかくなのでちょっといい味噌にした。いい調味料、甘すぎないとかしょっぱすぎないとか、まろやかな味がすることが多いし、容器のサイズが小さくて、だいたいすぐなくなる。そもそも味噌汁を飲む習慣がないので、それで全然構わないのだけど。結構甘めでつぶっつぶなこうじ味噌で、それだけで酒が飲めそうでいい感じ。なんとなく豚汁もうまい気がする。あっこれAmazonアフィリエイトやってたら完璧なやつだったなあと思う。わざわざこれだけのためにと考えるとめんどうくさいのでやらない。前にやったことがあるんだけど、金が絡むからか手続きがややこしげで、やめた。

 

 相変わらず映画の感想とかをまとまった量書く元気はない。『ヒメアノール』の感想に関してはツイッターで発散的に書いてある程度満足した感じになった。というか「映画の前後半で作品のトーンそのものががらりと変わる」とか、そういう感じの気付きはあとでインターネットを漁るといくらでも出てきて、妙に冷めてしまったりする。と言った直後に思うところが生じたので書くけど、なんかこう、主人公(濱田岳の方)がいろんなところで、小さな選択を迫られ、その収束した結果としてああいう結末になったように見えて、ADVのトゥルーエンドを見ているみたいだなという感じがした。必要なアイテムやフラグを取り逃がすと見られない部分を見ているような、つまりうまいってことなんだろうけど。

 

 あと『後妻業の女』も見た。演技とか演出とか、良かった部分はかなりあったし、お話もまあ面白かったと思う(この辺は割愛する)けれど、時折大事なことを全部セリフで説明してしまうシーンがあったり、それなのにお話の顛末は物凄く釈然としなかったりして、あれはあれで邦画らしいへたくそさなのかなと思ったりもした。

 

 あとなんかさっき気がついたら「セックスしたい」と打ち込まれていたので、セックスがしたいんだと思う。そりゃそう。

 なんかしら書くと精神に良いので書きます。といっても最近はよっぽど少ない文字数とか全然なにということもないようなことを書くとかえって自尊心とかがやられてくるような気がし始めて、単に何か書いたえらいではさすがにすまなくなってきています。

 君の名はを観たりしました、なにかこう、シーンに飽き始めてくるとすぐに別のシーンに切り替わるという感じがあり、話としてこまかいディテールに納得感があるかっていうとないんだけど、そういうのに気が行かなくなるような感じの統一感とか推進力があり、優れているなーと感じました。現代に生きる人間としての説得力はないけど、キャラクターもかわいかったし。と、長々語りそうになりますが、収拾がつかないし、ララランドもまだでしんどいし、この話はこの辺にしておきます。

 人とあったのですが、良く知らない女の子と話したりする機会が得られるから学生はいいなーと思いました。とにかくもう出会いだとか、そういうのがない暮らしを送っています。Skypeはおおむね誰からもお声がかからないし。ところでHUBってマティーニとかも言えば作ってくれるそうですよ、こんどやってみよう。

 ちょうつかれているので、寝ます。おやすみ。

雉ナート

 さっきトイレに行ってきて、今こうして記事を書いているんで、雉を撃って記事を打っているという状態になりますね、心底どうでもいいですね、すいません。

 最近のask.fmへの回答が悪い意味でこなれてきてしまって、ちょっとこれはどうしたもんかなと思っています。無意味に長い回答を考えて、聞かれてもないようなことをペラペラしゃべる方が僕のトレーニングになるし、絶対面白いんじゃないかと思うので。というわけで、ask.fmをなんかもうちょっと苦しみながら答えていきたい。

 あとそろそろララランドの感想とかもブログ上に載せていきたいですね、音声だけだとちょっとまとまりがないというか、まとまった暫定版みたいなのがあるとよいなと思います。

 ところでブログじゃなくて即興小説がやりたい気持ちになってきたんですが、とにかくねむいので明日以降やります。おやすみなさい。