tadashiriの日記(仮)

つらそうにしている、人

オールユーニードイズキル

観ました。良かったです。


説明すんのだるいのでざっくり言うと「ラスボス倒すまで過去に死に戻ってやり直す」っていう内容です。

で、上記の作戦が具体的に始まるまでの最初の数回のループはスタンダードに面白くて、セリフをハモってみたり、「あっおれループしてるんだ……」からのコミカルで地道なトライアンドエラーが楽しい。

で、思いっきりダイ(die)ジェスト的な展開になってくるとわりと微妙な編集がコメディにはむしろ合っていて(というかしょうもなさがわかっててあえてこすってるなという感じがする)まあこれはこれで、という感じだったりします。

そこから展開が段々シリアスになってくると、ループを実際に見せるのではなく「ループしたから、こういう言動や行動をとる」というのを見せてくれるようになり、ループを見せる手法が切り替わることによって興味を持続させるやり方になっているし、時間経過(ループの回数の増え方)をどんどん速くする手法としても効果的だなと思ったりしました。

このシリアスさの一つとして「ヒロインが死ぬのを何回も見せられる」というのがあるわけですが(そしてヒロインもそれを体験した過去があったりする)、主人公の苦しみはトムが上手えのもあってしっかり伝わってきて良いです。ただ、ヒロインが死ぬのを実際に何回も見せながら、重めな雰囲気の音楽を流すのは演出としてダサいというか、そこも中途半端にギャグに見えてしまうのが良くないなと感じました。


この作品には「怪我したらすぐ死ね」という作品内ルールがあり、それを守ることでループが保たれるというのがあるんですが、そのせいで咄嗟に死ぬ方法を考えなくちゃいけなくなり、「自ら溺死する」っていうめちゃくちゃ嫌なシーンがあるのも良かったですね、ただ描写としてはかなりヌルいと思いますが。っていうかこの映画トムが死ぬシーン全般がヌルめなんですよね、まぁこれはちょっと踏み込むとスプラッタ映画になってしまう気はしますが。

あとどうしても思っちゃうのがこれ「強制自殺マシーン」みたいなのを作った方が確実じゃないですか。まあいいや、いいけど。

クライマックスの助っ人展開とかも、「こいつら命投げ打つのもっと躊躇していいのでは?」という感じはしつつもかなりアツかったと思います。

ラストはラストでやっぱりややヌルすぎではと思わなくもないですが、まあ良かったじゃんと言える範疇と思います。

パワードスーツのディテールとかも(音声案内とか)序盤は演出に組み込まれていて萌えがあったり、あのスーツの音声案内で主人公が日本人なのがわかったり(その設定残す必要ないだろ!というギャグだと思います)するのも良かった。


で、全体へのダメ出しをしていくと、これ「全体の構成そのものが似たような展開が2回繰り返される作りになっている」のが、微妙にダルい。というのと、伏線とか布石とか言いつつ結局同じようなシーンを複数回見せられてる感がどうしても拭えない、というのがあります。2時間もないし決して長い映画ではないんですが、ループものであるが故に普通のアクションよりシーンが変わってるだけだろ感が受け入れづらいと思います。

あと、これは欠点ではないんですが、序盤のストーリーの「あっ、今プロットが処理されてる!」感は異常だと思いました。すんなりとは飲み込みづらい。ケレン味とも言えるけど。


こんな感じかなと思いますが僕以外全く読めないのではないかというぐらい今回もごちゃごちゃしてしまいました。丁寧に直すのは後日気が向いたら。