tadashiriの日記(仮)

つらそうにしている、社会人

マ圧

 『マルドゥック・スクランブル/圧縮』を観ました。原作は五年以上前に一度通しで読んでいます。

 まず、僕は興味が持続する方ではないというか、むしろ全く持続しない方なんですが、その割にこれは普通に観れてしまいました。ただ、ふだんあまり本を読まないので、「映画原作を先に読んでる」体験をほとんどしたことがないため、その新鮮さの力が多分にあるなあと思います。 とにかく、あっさりとしか描写されていないものも既に活字で読んでしまっているので、手に取るようにわかってしまうみたいなのがあり、自分の直感が信用できない感じでの視聴でした。

 それでも多分復讐劇には物語的推進力があるなぁと思ったんですが、『圧縮』ではどちらかというと傷ついた少女の再生の物語的の比重が大きいよなと思っていて、復讐劇的にはあまり進展してる感じはしないんですね、で、この再生の物語に推進力がどれだけあるのかは判断が難しい感じがあります。僕は読んでるのもあってここは普通に楽しめたんだけど、あんまり映像的に鮮やかであるとかではない(ましてや劇場で観るには正直地味だと思う)ので、ここもあまり「アニメならでは」感がないよなぁと思います。それどころか活字ならではの心情描写やお洒落ルビ振りの旨味とアクが薄れている感じがあるなぁとさえ感じました。ここがネックだと思っていて、五年前の作品であるため仕方ないのかもしれませんが、あまりケレン味がないので「これは体験になりますか」という感じがするのが厳しいと思いました。でも原作もそこまで凝縮されたようなケレン味はなくて、なんかこうエログロサイバーパンク入門感があるので、普通に煮込んでもあんまりどぎつくならないのかもしれない。

 っていうか寺田克也(自信なし)の文庫表紙のどぎつさが良いので、そこから比べると(特にボイルドは)普通になってしまったなーという感じがします。

 あと、原作の力にしても「オーバーテクノロジーのオーバーさ描写の面白さ」に関してはアニメ化されたことでなんかすごい微妙になってしまった感じがします。例えばモニターに口紅で文字を書くシーンがあるんですが、そこで「塗った口紅が静電気でぱきぱき割れる」っていう主人公の持ってるオーバーテクノロジーを表現する描写があるんですが、そのシーンはあまり仔細に描かれていなかったりとか。ああいうオーバーテクノロジーって何が起きているかはやや文章として紛らわしい方が「ありえなさ」が増大されるのではないかなーとか思いました。なんかこう、原作でグッときたあり得な描写がサラッと流されてしまっているというか。

 総評としては、原作の力で別に一定値面白かったんだけど、エログロつきSFとしての様式美や映像のケレンには欠け(かといってむしろ普通なものが映り込むことによるリアルの匂いもそんなになく)、わざわざこれを劇場で観ますかとマイケル・サンデルが言い出しそうな感じでした。あまりオススメしない。


※あんまりにもdisり過ぎなので補足すると、2011年の作品であるためタイムラグがあるため一番ありがちに見えてしまうのもあるのかもしれません。


あっそういえばこれひと月更新しないことでメールが来ると知りました。

モジャッとしたタイトルを考えるために更に脳をモジャモジャさせるのであった

もうひと月もブログを書いていないということなので、書きます。

最近は訳あって(補習とか)何かしら毎日表へ出るという生活になっています。ほんとうに何もすることがなくて寝ていたような頃よりは体の調子はいいです。昨日はわりとしこたま飲んだのですが、それにしては眠くないというか、飲むと眠りが浅くなるから目覚めはかえってよくなるというのはほんとうなんだろうな、というか。

こういうのを書いていると人の話したことをインタビューのように書くタイプの人はどういう記憶力をしているんだろうかと思います。昨日のことでも「出来事があった」より細かい記憶を持っていたことがあんまりない。でもよっぽど楽しかったこと以外は忘れてしまった方がよいような気もしますね。ブログを書きながらいうのもなんですが、自分というものがいずれすべて失われるであろうことも安らぎなのではないかな、と。

それはそうとバスが遅々として進まないので、朝ごはん食えるのか心配ではあります。

ア、鏑蕪

 何度でも書くが、僕は紙の本を読むのがめちゃくちゃ苦手だ。写真付きのブログはいくらでも読み飛ばせる、他の刺激が勝ったその時にやめてしまうが、それだけ与えられれば多分いくらでも読む。じゃあプリントアウトされれば読まなくなるのかというと、おそらくそんなことはなくて、縦書きがゾワッとするくらい苦手か、写真がないのがクラッとくるぐらい苦手かのどちらかだと思う。
つまり、さっきも文庫本を1ページごとに開けたり閉じたりした。どちらかというと好きな部類の音楽を耳栓で聴きながらだったけど、そっちは死ぬほどどうでもよくて普通に本が読めるはずだった。でも開けたり閉じたりで、10ページ進んだのかも危うい。多分本当に1ページ分の集中力しかないんだと思う。人混みをうまく避けられない時と同じような、意識が空中に霧散した状態のまま読書を試みている感じ。ロボトミーが効くならやりたいぐらい。それぐらいダメ。
それで、こんな風に書いていたら思い出したように眠くなってきたので寝ますね。

チェネツ

なんというか、頭が冴えてしまって寝られないのでブログを書きます。

最近ですね、紅茶とスコーンをいただき、いただいている間時間がゆるやかになる呪いをかけられたりしました。ああいうこじんまりとしてほろっとしたものを食べる機会も珍しく、また、茶とは本来高級なものなのだということを思い出すような感じでした。口に含んだ香りで、汗が引くような感じがし、美味しいというか楽しいというかで、よかった。

店がある街というのが、商品の値段は適正なのに何故かこう、経済という概念がどこかに吹き飛んでしまったような店が、生活のためのお店の外周に林立しているような街でした。生活の人々の中に、白髪が混じるようにサブカルの若者と悠々自適の年寄りが混じっているというような。ああいうところに住みたい。

「波よ聞いてくれ」の一巻をようやく読みましたが、結構話が右往左往していて、次を読まないとなんとも言えない感じがします。あと、やっぱり「主人公の才能を見出す」というシーンに対して目が肥えているというわけでもないんですが、異様に厳しく見てしまう自分がいました。

寝ます、おやすみなさい。

キロロロ

今月はですね、低気圧がつらくてですね、つらいなーつらいなーと言っておったら終わりかけていたという感じだったのですね。で、そのことをですね、多分ブログに記録していなかったような気がするので、書いておこうと思ってこれを書いています。

低気圧がつらい時に更に霧が出ていたということがあり、頭痛いし霧が出ているしで、全くこの世と思えなくてやばかったですね。数十メートル先のビルの輪郭がうすくなっていて、顔に包帯をぐるぐる巻きにしたナースがそろりそろりと歩み寄ってきても不思議でない感じがしました。

あと最近はフリードマン・フリーゼの「大家はつらいよ」をやったのが楽しかったですね。この大家は全くつらそうではなく、畜生だということが感じられました。よかったですね。

アギャー

 精神がつらくなってしまったので、出先のPCなのですがブログを書いています。基本的にTwitter廃人であるため、出先のPCでTwitterをやるのがこう、亀頭に歯のすごい虫を這わせるが如くこわいので、まあブログなら、まあ、みたいな感じであります。やっぱりちょっとこわいですが、新品のダンボールを素手で持つ程度の感じです。

 で、まあなんだというわけではないのですが、タイピングをしていると心がやや落ち着きます。わかりやすく作業している感じがするからかもしれません。実際にはモラトリアム行為であります。が、まあ手を動かすことで最悪方向に頭脳を動かすのを回避できるという意味では、精神によいことなのでよいです。残念今は筋トレはできない。

 外で人と関わっていると友達話す以外(例外的に友達でも発生する場合があることが報告されています)では高確率で心が無理になります。考え方とかがなんでそうなっちゃうのか僕から分からない人も無理なのですが、なんとなく想像つくけど治りそうもない人が一番無理です。それにしても、思考が固着した人はそれを見た人の脳も鈍らせる感じがしますね。

 でまあめんどうくさいのが、この人間無理からの精神のつらさ、人間によって解消するしかない感があることですね。誰の漫画か忘れましたが、もてない若者は気が狂うしかないそうですね。そうです。

 

 一応趣味みのある話もしておくと、ハースストーンの今の酒場の喧嘩(未来の人に向けて説明しておくと「攻撃的プレイ」とレジェンドばっかのやつです)を僕は結構やったんですが、面白いというより、普段持ってもないカードを使いまくれるのが楽しく、あと小銭を稼ぎやすい。まあでも、前回のいっけなーい遅刻遅刻の方が面白かったような気はします。

 フリースタイルラップの練習もしたりしていますが、精神のつらさでどんどんやる気が失せています。

キュワー的な

 ろくに本も読みやがらねえ奴の文章なんかに価値はあるのかという感じなんだけどまず価値云々言うような身分でもねえなと思い直して手を動かしている。アフィのひとつでもくっつけたらちょっとはやる気でるかしらんと思わなくもないが、変に手間を増やしてしまうとまたブログの一切が嫌になるとかする未来も見えるのでやらないのだった。

 なんというか、自分では怒りで書くタイプだと思っているんだけど、今日の昼間に「自分を癒すためだけのもの」を作りたいと思ったので、やっていきたい。この条件なので、やりだしてから億劫になったら躊躇なく休みます。もうすでに休む話になっていてあれだけど、何をやるのかは全く決まっていない。多分小説かなあ。

 ややおなかがざわつくなどしたのと、ひょっとして今日さむいのでは。おなか、冷やした説と食べすぎ説両方ある。でも多分平気。でもじんわりと鼻水出てきたので気をつけます。

 気分によって文体や口調が変わるので、エントリをあれしだしたら気が変わらないうちに仕上げた方がいいかもしれない。中段するほど長くないべさと言われたらその通りなんだけど、途中寝っ転がったりしていた。とにかくもうだるいので終わります。